加齢臭

柿タンニンは消臭効果抜群!柿渋石鹸なら消臭効果は95%

タンニンの消臭効果

加齢臭

タンニンには消臭効果があると言われています。消臭効果があるのは柿渋に含まれる柿タンニンです。柿タンニンには臭いを消す効果と、もう一つ殺菌効果もあることが分かっています。

柿タンニンがどうやって、臭いを消し去るのかというと、柿タンニンの殺菌作用により、臭いを発する原因の菌の繁殖を抑えることで、臭いを発生させないようにしてくれることから消臭効果があるとされています。

そもそもタンニンってなに

タンニンは、植物に存在するポリフェノールの一種です。ポリフェノールは、動物には存在しない植物特有の生体成分で、樹皮や表皮や種子などに含まれる苦みや渋み成分で、自然界には何千種類もあると言われています。

植物は、虫や小動物や、光合成のプロセス、紫外線により生じる活性酸素から自らを守るための生体防御をする物質です。

ポリフェノールの働きは酸化を抑制して、活性酸素の働きを抑える作用があります。活性酸素はばい菌やがん細胞などと戦い体を守ってくれます。しかし、ストレスや生活習慣の乱れから、体内に活性酸素が増えすぎてしまい、殺菌力が高まり、必要以上に細胞を傷つけてしまうことがあります。

また、加齢により体内のバランスが崩れると活性酸素が発生しやすい状況になり、ガンや動脈硬化などの病気を引き起こしてしまうこともあります。

ポリフェノールというとワインに含まれていることで知られていると思います。お茶にはカテキンがふくまれていますが、ポリフェノールの中で特定の構造をもつものがタンニンで、タンニンの中で特定の構造をもつものをカテキンなんです。

ポリフェノールやタンニンやカテキンは体の調子を整える働きがありますが、効果には個人差があります。

タンニンは消臭以外にどんな効果があるのか

加齢臭

タンニンは臭いを消す効果がありますが、それ以外にどんな効果があるのでしょう。タンニンには、抗酸化、抗変異原(細胞が突然変異をするのを防ぐ性質)、抗菌、抗ウイルス、抗腫瘍、抗アレルギー、血圧降下、二日酔い防止など多くの機能を有しています。

これ以外に、さび止めの作用や、携帯電話の基盤に使われている金を回収するときに使われています。柿の皮に含まれる渋みの成分に金を吸着する性質があることに着目した技術が考案されました。この技術は他の方法に比べてコストも抑えられるというメリットもあるということです。

柿には悪酔いしない効果もあるとされ、お酒を飲む前に柿を食べたり柿汁を飲んでおくと血中のアルコール濃度が抑えられることが分かっています。

このように、タンニンには様々な作用があります。これだけ効果があるにもかかわらず、人体に対し悪い影響や副作用はほとんどありません。人体に影響がなく消臭効果がある柿タンニンを石鹸の成分に取り入れたのが、加齢臭対策用の柿渋石鹸です。

人も加齢都共に体内は、老朽化した建物と同じように傷みやさびが発生します。それど同時に体内からは老廃物などが体外へと排出され、今までは発生しなかった物質が生成され、周りの人から敬遠されてしまうほどの臭いを放ちます。これが加齢臭です。

加齢臭は古い脂が腐ったようなさび付いたような、なんとも言えない臭いです。この臭いを洗い流してくれるのが加齢臭対策用の柿渋石鹸です。