加齢臭

加齢臭・体臭のケア

加齢臭や体臭にはどうやって対応すればいいのか?加齢臭の原因ってなんなのか?

加齢臭や体臭のケアには、まず加齢臭や体臭の原因を知ってケアすることが大事になります。

そこで、加齢臭・体臭の原因と対策について紹介します。

加齢臭や体臭の原因ってなに?

加齢臭は加齢とともに皮脂腺から排出される皮脂「9-ヘキサデセン酸」が過酸化脂質によって分解・酸化することで「ノネナール」という物資るが生成されます。

この「ノネナール」が加齢臭の独特な臭いになります。年齢とともに抗酸化力が弱まってくるため酸化が進みやすくなります。

また、加齢だけじゃなくストレスや仕事の疲労が蓄積してくると体臭がひどくなります。

では、加齢臭や体臭のケアはどうすればいいのでしょう

加齢臭・体臭のケア!

加齢臭や体臭の原因が分かったところで、どうのようにケアすればいいのでしょう。

ケアは体の外側と内側両方のケアをしてあげることで、臭いを抑えられると言えます。

腸内環境を整えましょう!体の内側からのケア

加齢臭・体臭のケアには体の内側からケアをすることで臭いの元となる物質を減らすことができます。

それが腸内環境をととのえることなんです。腸内環境が乱れていると腸内にアンモニアなどの悪性の物質が体外に排出されて体臭に影響を及ぼします。

腸内環境をととのには乳酸菌や発酵食品と食物繊維がもっとも有効です。腸内環境が整うと腸内は善玉菌が優位となり腸の動きが活発になります。

腸が活発に動き出すと、老廃物が排泄されやすく、免疫力と代謝機能がアップして皮脂腺から分泌される皮脂の減少と抗酸化力により加齢臭た体臭が抑えられます。

生活習慣を見直してね

腸内環境を整えるには、生活習慣の見直しも必要です。十分な睡眠やバランスのよい食事やストレスを溜め込まない生活が必要です。

睡眠時間が不足すると、免疫力も代謝機能もダウンしてしまいます。肉類中心の偏った食事やコンビニ食が多い方は注意が必要です。

脂分が多くなると、皮脂腺から皮脂が大量に放出されて加齢臭・体臭がキツイ状態になります。

食事は野菜や魚を中心としたものになるべく意識して変えてみましょう。

そして、ストレスを溜め込まないようにしましょう。仕事や人間関係でストレスが溜まると体に疲労が蓄積されて肝臓の働きが低下します。

肝臓の機能が弱まって、アンモニアが分解されず、体内のアンモニアが血流に乗って体内を巡り、汗や皮脂に含まれて臭いを放ちます。

ストレスを溜め込まないように、気分転換できる趣味や楽しみを見つけて生活を送るように心がけて下さい。

体の外側のケアは加齢臭対策用石鹸・ボディーソープ選びのコツが読まれています。