加齢臭

加齢臭はいつごろから始まるのか

加齢臭

加齢臭は40代以降になると男女問わず、独特な臭いを放ちはじめます。

人によっては30代から臭いだす人もいます。

ただ、世間からは、特に中高年男性に対して加齢臭のイメージが強く40代以降に限らず、少しでも臭いがする男性を加齢臭だと一括りにされがちです。

20代30代でも臭う方もいて、そのような方は若年性加齢臭の可能性もあります。

加齢臭自体、老化現象の一つなので、最近20代で加齢臭に悩んでいる方も少なくありません。

人により生活習慣が異なるため、加齢臭が始まるのは人それぞれですが、概ね40代以降になります。

年代別 体臭の原因

20代は汗を主体とした、いわゆる汗臭い感じの臭いがします。お風呂に入ったりシャワーを浴びれば直ぐに臭いは消えてしまう程度です。

30代になってくると汗臭さにプラスされた、とても嫌な汗だけじゃ説明がつかない違う臭いがします。

加齢臭とは明らかに異なる脂臭い感じの臭いがする人がいます。

働き盛りで汗もかくし、上司や部下との付き合いも増えストレスが溜まりますが、なんとか体力で気持ちを維持できる年代です。

30代で嫌な臭いを放つ原因はなんなの?

加齢臭とは異なる30代になると臭うのをミドル脂臭といいます。

汗と皮脂が混ざり合い、皮膚の常在菌によって代謝と分解が行われて空気中の酸素により酸化されることで臭いを放ちます。特に30代は、20代の頃のような汗臭さだけではなく、皮脂が混ざり合うことで脂臭さが加わりきつい臭いになります。

30代になると臭うのはミドル脂臭!原因はジアセチル

原因物質は「ジアセチル」です。汗に含まれる乳酸と頭皮のブドウ球菌によって代謝・分解されて発生します。

頭部や耳のうしろなどが臭いく感じるのは、皮脂の分泌量も多いため臭いの原因物質を作り出す環境が整っています。

40代以降の嫌な臭い 加齢臭の原因はなに?

40代以降の加齢臭の原因はノネナールという物質です。

加齢臭は40代以降に始まります。

30代の頃のミドル脂臭の原因物質と違いノネナールという物質が原因。

30代とは臭いの原因物質が異なります。だから臭いも異なってくるんです。

加齢臭は脂っぽい臭いだけでなく青臭いような使い古しの食用油が錆びたようでなんとも言えない臭いです。30代は脂っぽい臭いが中心となります。

臭い人は20代から臭くなりますが汗臭さが主原因です。30代から臭くなるのは、ミドル脂臭と言って脂臭さが特徴です。

臭くなると加齢臭だと思ってしまうかもしれませんが、加齢臭と言えるのは40代以降からが一般的と言えます。

もし、自分の臭いが気になるなら、どんな対処があるのか?

やはり体を清潔にして原因物質の分泌を極力抑えることです。

そして、加齢臭対策でポイントとなるのが消臭です。

消臭については、次の記事も参考にして試してみてください。

消臭効果がある柿タンニンの記事はこちら。