加齢臭

耳の後ろはなぜ臭なるの? 体臭の疑問

耳のうしろ

加齢とともに、男性は耳のうしろ辺りがとても臭くなります。大体40歳をこえたあたりから体臭がきつくなり始めます。

臭いは皮脂分泌量の多い部位から臭いを放ちますが、あまりにも臭いので体全部が臭いような印象を持たれます。

耳の後ろは特に皮脂分泌が多い個所なのと、また鼻の位置に近いこともあり、体臭がキツイと思われてしまいます。

皮脂分泌量が多いのは耳の後ろだけではありません。人体には皮脂分泌量が多いとされている場所が8箇所もあります。

頭皮、Tゾーン、耳のうしろから首周り、胸部、両脇、背中(背骨に沿った縦の部分)、おへその周り、陰部の8箇所です。

これらの箇所から皮脂が多く出ているのです。頭皮や耳のうしろは、他の人と接したときに、相手の鼻の位置と同じくらいの高さにもなり、特に臭いを感じやすいのかもしれません。

お風呂に入って、耳のうしろから首周りなどは、ついつい洗い忘れてたり、軽く洗い流す程度の人もいて皮脂や汚れが残ったままとなり、翌日にはさらに皮脂が分泌されるので臭いがひどくなります。

一番皮脂を分泌しているのは頭皮と耳の後ろあたり、続いてTゾーンになります。しっかりと洗い流さないと次の日は前日以上に臭くなえいます。

旦那さんが使う枕などは、どんなに洗っても臭いが落ちないと悩んでる奥様は、原因が頭皮や首周りやTゾーンから皮脂が大量に分泌されて寝具や衣類に臭いが染み込んでいるということを理解して下さい。

加齢臭対策は、どれだけ皮脂分泌をしっかりと抑え、臭いをコントロールすることにつきます。

皮脂分泌が多い8箇所を重点的にケアすれば、加齢臭が抑えられ周りの人の迷惑になりません。

耳の後ろが臭くならないための対策とは

耳の後ろには皮脂腺が多く存在します。皮脂腺は手のひらと足の裏を除いたほぼ全身に分布しています。

特に分泌量の多い個所が8か所ありますが、耳の後ろもこの8箇所に入ります。

耳の後ろにある皮脂腺から皮脂が産生され脂肪酸が増えていきます。これだけなら加齢臭特有の嫌な臭いは発生しません。

脂肪酸以外に過酸化脂質という物質も増えます。この2つが結びついて分解・酸化されてノネナールという物質ができます。

このノネナールが加齢臭の原因なんです。

汗も脂肪酸も分泌されただけでは臭いはしないのです。そのまま放置しておくと、皮膚にある常在菌と反応し、分解・酸化して臭くなっていきます。

加齢臭特有の臭いは、ノネナールという物資が原因ですが、この物質は40代以降になると発生します。20代や30代の頃は、汗臭かったり、酸っぱい臭いだったり、加齢臭とは違う臭いがします。

20代30代の体臭は、シャワーで洗い流せば臭いは落ちます。汗をかかなければ臭いはしません。

しかし、加齢臭は汗をかかなくても臭くなります。臭いの元が汗腺からでる汗ではなく、皮脂腺から分泌される皮脂によるものなんです。

汗も拭きとれば、臭いはしません。加齢臭も同じように常に清潔に保てば、人が不快だと感じるほどの臭いにはなりません。

会社で仕事をしている間に、分泌された皮脂を拭きとれば臭いは抑えられます。市販のデオドラントで対処できます。

【オドバン デオドラントバーム】

オドバン デオドラントバームは菌の繁殖を防ぐ“サリチル酸ナトリウム”と 抑汗作用のある“パラフェノールスルホン酸亜鉛”の2大薬用成分を配合。 その他にも、ニオイに効く柿タンニン、ローズマリー、重曹などもプラス!! なので、香りでニオイをごまかすのではなく、ニオイの原因に働いてニオイをブロック! 自分のニオイが気になっている方は是非、お試しください!!

皮脂はどのくらい放置していると臭ってくるのか

おおよそ10時間から12時間程で臭いを放ちはじめます。夜10時ごろにお風呂に入り、翌朝会社について10時くらいから皮脂が酸化と分解により体臭が放たれます。

寝ているときや出勤時など、汗をかき皮脂が分泌されると酸化がおこり臭いを起します。

早い人は寝ている間にも汗や皮脂が酸化や細菌によって分解され加齢臭を放ちます。寝具やパジャマなどが臭くなるのはこのためです。

加齢臭対策として朝シャワーを浴びて、よく体を洗ってから会社に向かう方がいます。

お風呂に入って10時間から12時間を目安とすると、朝6時にシャワーを浴びたなら夕方6時くらいまでは、臭いを抑えられることになります。皮脂分泌が多いところをしっかりケアすることで臭いは抑えられます。

朝は忙しくてお風呂やシャワーを浴びる時間がないという方がほとんどだと思います。そこでデオドラントで分泌された皮脂を、臭いが発生する前に拭きとりましょう。

女性が嫌う中年男性にタイプを調査したところ、
1位:自慢話が多い
2位:清潔感がない
3位:批判的な意見が多い
1位と3位は言動になりすが、2位に清潔感が入りました。

どんなに優しくても包容力があったとしても清潔感がなければ台無しということです。

清潔感には体臭も含まれます。どんなに見た目を清潔にしても、そばに来ると迷惑な臭いでは台無しです。とくに体臭について直接指摘しにくい性質のものなので、自分で気を付けるか、奥さんやパートナーの方に確認してもらったほうがいいです。

会社にいるときは自分で自分の臭いは気が付きにくいので、デオドラント製品を使って、分泌された皮脂が酸化して臭いが出てくる前に、清潔にして下さい。

加齢臭の仕組みと対策についてはこちらの記事、加齢臭の仕組みがよく読まれています。