加齢臭

首回りの嫌な臭いの原因

首のうしろあたりから嫌な臭いがしたり、ワイシャツも首回りの汚れが酷くて黄ばんでしまったりしていませんか?

首のうしろから嫌な臭いやワイシャツが汚れやすい原因は、皮脂が元となっているんです。

首のうしろは皮脂の分泌量が多いため、皮脂が酸化し臭いの元となる成分を生成しやすい環境にあります。

そのため、嫌な臭いがしたり皮脂が衣類に染み込み汚れとなって付着します。脂汚れのようなものです。だから洗濯しても汚れが落ちにくいんです。

では、首回りの嫌な臭いを消し去る方法を紹介します。これで、首のうしろからの臭いに悩まされることがなくなると思います。

首のうしろ 嫌な臭いを消す方法

嫌な臭いは年代によって対策が異なります。30代と40代以降では臭いの原因が違うのです。

30代の場合は、ミドル脂臭と言って原因成分は「ジアセチル」です。

汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生します。

後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生し、使い古した油のような臭いが特徴です。

40代以降になると、ミドル脂臭と呼ばずに加齢臭と言われるようになります。

皮脂腺から皮脂が分泌されます。皮脂に含まれる脂肪酸「9-ヘキサデセン酸」が「9-ヘキサデセン酸」が酸化し、皮膚上の雑菌によって分解されると「ノネナール」という物質が生成されます。

このナノネールこそが加齢臭の原因なんです。

年代別に原因は違いますが、首のうしろから発する嫌な臭いを消し去れば問題は解決します。

では、首のうしろの原因を消し去る方法を紹介します。

後頭部から首の後ろの皮脂をケア

後頭部から首のうしろは皮脂の分泌量も多いため臭いも強烈です。

そこで、臭いの原因でもある皮脂を洗い流す方法を紹介します。

まずは、加齢臭やミドル脂臭対策のシャンプーを使うことをお勧めします。

なぜなら臭いの元を洗い流す成分が配合されているので普通のシャンプーで洗髪するより良く落ちます。

ドラッグストアやアマゾンや楽天で購入できます。

では、洗髪の仕方から解説します。

お湯で髪と頭皮の汚れを洗い流します。頭皮まで届くようにしゃわーを頭全体にあてて、汚れを洗い流しましょう。

シャンプーをいきなり付けるようなことはしないで下さい。まずは汚れを洗い流して下さい。

よく濯いだあとに、シャンプーを泡立ててから次の順番で洗っていきましょう。

襟足、もみあげ、生え際(前頭部)、後頭部、頭頂部の順に丁寧に洗ってください。

肌を傷つけないようにしっかりと洗いましょう。抜け毛とかは気にしないで下さい。妥協すると臭いは落ちないばかりか、返って抜け毛が増えてしまいます。

このとき泡立ちが悪ければ、一度シャワーで洗い流して、もう一度手順通りに洗髪して下さい。

洗髪時間は2~3分程度として、洗い終わったら1分半くらいシャワーで泡と汚れを流していきましょう。

一日の汚れを最後に綺麗さっぱり洗い流してしまいしょう。

日常のなかでケアする方法

どんなに綺麗に洗い流しても、時間とともに皮脂は分泌されます。

そこで、日中はどのようにケアしてけばいいでしょうか?

分泌された皮脂をふき取ることができれば臭いは発生しません。

そこで市販のボディペーバーを使って首のうしろを拭けば臭を防ぐことができます。

ボディぺーバーもドラッグストアやAmazon、楽天などで購入可能です。

市販のシャンプーやボディーペーバーで首のうしろの臭いケアは十分に出来ます。ぜひ試してみて下さい。