加齢臭

簡単に出来る3つの加齢臭対処法

40代男性の悩みの一つに加齢臭があります。ところが自覚症状がない方も多く、またデリケートな問題で直接本人に言い出しにくいのも事実。

これから紹介する対処方法は体の内側と外側からケアすることで臭いを抑える方法です。普段の生活のなかで取り入れることが出来るので、加齢臭を自覚していない人にも意識せずに取り組める方法です。

40代以降に発生する加齢臭対処法

加齢臭は40代以降になれば男性でも女性でも起こる現象ですが、中高年男性特有の体臭と言うイメージ強いのではないでしょうか。男性は年齢とともに身だしなみがゆるくなる方が多いため、だらしなく見える姿がと臭いイメージが重なります。

対処法を紹介する前に加齢臭の仕組みを理解してください。40代以降になると、皮脂腺から出てくる脂肪酸と過酸化脂質が結合し、ノネナールという物質を生成します。

このノネナールが細菌により分解と酸化をしてひどい臭いを放ちます。これが加齢臭です。年齢とともに脂肪酸が増え、さらに過酸化脂質が増えるて、この2つの物質が結合し酸化・分解することでノネナールが発生し臭くなるんです。

加齢臭のもととなる原因物質を減らすことが、加齢臭の対処法となります。

対処法1:活性酸素を増やさない

過酸化脂質が増えなければ加齢臭も抑えられます。年齢と共に過酸化脂質が増えてしまうのは、体内の活性酸素が原因なんです。

活性酸素が体内で増えてしまう原因にストレスがあります。40代になると、サラリーマンなら役職のあるポジションに就けば、上司や部下からプレッシャーを受けてストレスが鬱積します。

役職のないポジションだとしても、同期の昇進や後輩から追い抜かれる気分は決していいものではありません。年齢と共にストレスは増えて、過酸化脂質が若い頃よりも増えていきます。

そして、それ以外には紫外線、タバコ、激しいスポーツ、電磁波、医薬品などがあります。営業マンなら外出も多く紫外線を浴び、タバコの習慣があればやめられませんし、体調が悪くなることも多くなり薬は手放せなくなります。

体内に取り入れられた酸素は、これらをきっかけに4つの活性酸素に変身します。そして活性酸素は様々な老化現象も引き起こします。

活性酸素は体内で、他の分子から電子を奪い取ってしまいます。活性酸素は不安定な状態のなかで安定を図るためにこのような暴挙に出ます。

体内の細胞を酸化させて、正常な働きを失わせます。この結果、老化だけではなくいろいろな病気を引き起こしてしまいます。

対処法2:食生活を見直す

和食

食生活を見直してみましょう。もう若くはありません。油っぽいものや肉類を少し減らしてみませんか。食事で摂取した油分がすべて消化吸収されるわけではありません。

余分な油分は脂肪酸として排出されます。体が老朽化すればするほど、摂取した油は、体内では余分は物として扱われます。

体内には活性酸素に対する備えもあります。活性酸素が発生すると、体内では、タンパク質やビタミンなど様々な物質が活性酸素を消し去る仕組みになっています。

ところが、40代以降になると活性酸素を消し去る能力が衰え抵抗できなくなってしまいます。早い人だと30代後半から抵抗が衰え始めてきます。

この抗酸化を消し去る仕組みの衰えを補うのが、抗酸化作用のある食生活を取り入れることが重要といえます。

対処法3:体をケアする