加齢臭

加齢臭は皮脂の成分が変化して臭くなる

加齢臭は皮脂内の脂肪酸と過酸化脂質が結合し酸化・分解しノネナールという物質に変化し、とても迷惑な臭いになります。40代以降になるとこのような臭いを放ちますが、皮脂は誰もが分泌しますので皮脂自体が問題ではありません。

しかし、分泌した皮脂が酸化や分解をおこなって結果として加齢臭の元になります。だったら、この分泌された皮脂をお風呂に入って、根こそぎ洗い流せばいいのではないかと思いませんか?

皮脂を全て洗い流すのは逆効果!加齢臭がもっとひどくなる

分泌された皮脂を綺麗サッパリ洗い流しても、しばらくすればまた分泌されてきます。

皮脂を洗い流してしまうと、体が反応して皮脂が余計に分泌されていまうので加齢臭の原因物質がさらに増えるといわれています。

皮脂を洗い流してしまうと、数時間後には元のとおりに皮脂は分泌されていますが、余計に分泌してしまうことはありません。

余計に分泌されたと錯覚を起こしてしまうだけです。綺麗に皮脂を洗い流せば、体はさっぱりとします。そんな状態から皮脂が分泌されれば、洗い流す前よりも皮脂が多くなったと感じるだけです。

加齢臭の原因でもある皮脂を洗い流すのは大切ですが、全て綺麗サッパリと洗い流しても分泌されます。

それよりも、帰宅後と出かける前に洗い流すことが大事になります。

朝のシャワーが加齢臭を気付かせにくくする

加齢臭

朝は前日お風呂やシャワーを浴びてから数時間が経過し皮脂が分泌し酸化を始めています。このまま会社へ出社すると、お昼ごろには加齢臭の独特な臭いを放ちはじめます。

出社時に満員電車に揺られてストレスが掛かれば、会社にたどり着いたころには、加齢臭をプンプン放ちはじめて、一日中加齢臭で周りを悩ませることになりかねません。

そんな悲惨な状況にならないためにも、皮脂を朝のシャワーで綺麗に洗い流せば、臭いの元となる皮脂が少なくなります。朝のシャワー後に分泌される皮脂が臭いはじめるまでに時間稼ぎができるわけです。

会社が終わる夕方ごろからだんだんと加齢臭が出てくるかもしれませんが、仕事も終わり帰宅する人もいるので加齢臭はそれほど目立ちません。

もし、朝シャワーを浴びずに会社にいけば、すでに酸化した皮脂が加齢臭を撒き散らし始め就業時間と共に、あなたは臭い人となり多くの同僚に迷惑をかけて一日を過ごすことになるでしょう。

そうならないためにも、朝はシャワーを浴びて昨夜から分泌していた皮脂を洗っておきましょう。

皮脂を取り去るのではなく、こまめに洗い流してあげることが重要です。