加齢臭

加齢臭 中高年と言うだけで臭いと思われる

40代以降になると皮脂腺から出る脂肪酸と過酸化脂質が結合と酸化をし加齢臭の元となるノネナールを作りさします。

加齢臭の元となる脂肪酸を洗い流せば、加齢臭も抑えられます。

中高年になると、イメージが先行しちょっとでも変な臭いがすると“加齢臭”と一括りにされてしまうのです。

食事や適度な運動や趣味を持ちストレスを発散していれば、体内で余分な活性酸素が生成されにくいので、それほど臭くなることはありません。

だから中高年全員が臭いわけではないのに、中高年という負のイメージが女性に好まれない臭いを発してるだけで加齢臭だと判断されてしまうのです。

加齢臭の原因

加齢臭の元であるノネナールは皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸が酸化してできる物質で、細菌によって皮脂やタンパク質を分解してできます。これが加齢臭の原因なんです。

しかし、感じ方は人によって様々なんです。強烈だと感じる女性もいれば、臭いすら感じない女性もいるんです。

だから加齢臭のする旦那さんの臭いを不快だと思っていない奥様も実在します。

最近は、中高年男性を総称するかのような加齢臭のお蔭で、清潔に心掛ける中高年男性も増えて来ているのも事実です。

でも、本当に臭いがキツイ方もいるので奥様やご自身でチェックしてみて下さい。

加齢臭の簡単チェック方法

チェックの方法は簡単です。まず、耳垢を取ってみて下さい。

もし「耳垢が湿っている」方は、割と体臭がキツイ傾向にあります。なぜ、耳垢が湿っていると体臭がキツイのかと言うと、耳の湿りはアポクリ腺の汗によるものなのです。

アポクリ腺は皮脂分泌が多いので、皮脂が酸化してノネナールになってしまいます。耳をチェックして湿っていたら、加齢臭の疑いが強いです。

ちなみに耳垢がサラサラだったとしても、中高年なら加齢臭のイメージは強いのでしっかりとケアしましょう。

では、実際にどのようなケアが加齢臭に有効なのでしょうか?

加齢臭対策に有効なケアをお教えします

アポクリ腺から皮脂を分泌した直後から、あの独特な臭いを発しているわけではありません。細菌により酸化と分解を経て臭い成分となります。

と言うことは、細菌が少なければ皮脂を分泌しても処理しきれずに臭いの元は生まれてこないわけです。

そのためには、常に清潔に保つことが加齢臭対策には一番有効な方法といえます。

まずは、お風呂にしっかりと入る事です。シャワーでは効果が期待できません。

湯船につかって代謝をよくし血行を促します。サウナに入ると、物凄く汗をかきますが臭くないですよね。

汗自体は臭いはしません。細菌による分解と酸化で臭くなるわけです。

加齢臭の元となる皮脂を洗い流すだけじゃなく、皮膚の常在菌(細菌)を減らせばいいんです。

さらに効果を上げるには、朝起きたらシャワーを浴びて、夜寝ている間に増えた細菌を洗い流せば、たとえ皮脂腺から皮脂が分泌されても、細菌の数が減っているので分化されずに、加齢臭の元となるノネナールは発生しません。

臭くないと思われるイメージが大事

もう、周りの女性から「あのおっさん、あんまり臭わない」イメージが定着しますよ。

さらに効果を発揮させるには、加齢臭専用の石鹸で体を洗うことをお勧めします。臭いの元を抑える成分や、細菌の繁殖を抑える効果があるので、あのイヤな臭いが減少します。

加齢臭がしないイメージを作るには、予防も大事になります。簡単な予防方法に関する記事も用意しました。

加齢臭や体臭の簡単な予防方法はコチラをご覧下さい