加齢臭

冬こそしっかり加齢臭・体臭ケア

加齢臭・体臭ケアは冬こそ徹底的に行うべきなんです!

冬だからと体臭ケアに油断していませんか?冬は春や夏のように、大量の汗をかくわけでもないため、つい油断して臭いに対するケアを怠ってしまいがちに。

冬も春や夏と同じように汗をかきますが、汗が粒となって大量に噴出すことがないので、汗をかいていないと思い込んでいます。

噴出すほど汗をかく季節は、意外と小まめにケアをしていますが、しっとりとした汗をかく冬こそ臭いに対するケアをしっかり行わなければなりません。

特に加齢臭や体臭が酷くなりだす40代の男性はケアが必要です。

冬はついつい臭い対策をサボり気味!

春や夏は、外に出ると自然と汗をかきますが、いったん室内に戻れば快適なエアコンのお陰で体を涼めたり、汗を抑える制汗グッズなどで涼しさと臭いを抑えることができます。

春や夏の時期は当たり前にこれらのグッズを使って臭いケアをしています。

しかし、秋ごろから段々流れるような汗をかくことが少なくなり、冬になると目でわかるほどの汗はかかなくなります。

このようなことから冬は、汗を抑えるグッズなど使うわけはありません。

冬のほうが汗をかきやすい?

冬は夏とは逆に、室外が寒くて室内が暖かいから室内にいる時間がどうしても多くなります。

外よりも室内の暑さのせいで、いつの間にかじわじわと“しっとりとした汗”をかいているのです。これにより40代の男性は夏よりも冬場のほうが臭いがさらに厳しくなる原因です。

冬はケアを見過ごしがちなワケ

室内で過ごしているため、夏のように外で汗をかくようなことがなく、室内だと汗はあまり気にせず過ごしてしまったり、寒い冬場はお風呂には入るけどシャンプーは2日に1回程度と汗や脂など臭いの元を流す機会を自ら逃しています。

自分の臭いにはなかなか気が付きにくいので、常に清潔にしておくことがポイントです。40代以降のような加齢臭と違い30代くらいまではミドル脂臭と呼ばれる、独特な臭いを発します。

使い古した脂のような臭いが発せられる、なんともしがたい体臭です。ミドル脂臭の原因物質とされているのが「ジアセチル」です。こちらの方が加齢臭よりも周りに不快感を与えます。特に女性は臭いに敏感ですから、あたなの周りから女性が少なくなってきたらもしかするとミドル脂臭かもしれません。

冬こそ体臭対策は必須!

年齢とともに加齢臭や体臭が酷くなっていきますが、年齢によって臭いの元が違うんです。ケアする場所も年齢とともに多くなります。

ここでは年代別の体臭ケアについて紹介します。

30代の体臭ミドル脂臭対策はこれだ!

ミドル脂臭の特徴を抑えておきましょう。まず、加齢臭との違いです。加齢臭は胸や背中などの体幹部から臭いが発生します。

ミドル脂臭は後頭部や首の後ろ辺りから臭いを発生します。お風呂に入っても洗い忘れが多い箇所なのです。

清潔にしているつもりでも臭いの元を落とさずに、翌日も強烈な臭いを発生させています。

後頭部や首のまわりは、冬になるとマフラーや防止などで防寒しています。そのため汗をかきやすい状況でもあります。

臭いの元となる場所に対して汗をかく状況を作り出すのが冬なんです。だから春や夏以上に対策が必要になるんです。

ミドル脂臭対策は、お風呂に入って頭部のシャンプーと首周りをしっかりと洗い、臭いの元となる脂を洗い流さなければ臭いを消すことができません。

30代になると10代や20代の頃と比べて頭皮にある脂はしつこくてなかなか落ちません。強く擦らずに、ゆっくりとマッサージをする感覚で揉むように洗ってください。

首周りから上半身、そして下半身は石鹸でしっかりと洗い流すだけですが、こちらも丁寧に洗ってください。冬はどうしても厚着になるので、しっとりとした汗をかいています。だから首元だけじゃなく胸や脇、陰部なども実は汗で蒸れています。

そして汗以外にも脂を発しています。通常の石鹸であれば汗は綺麗に流れ落ちますが、脂はなかなか落ちにくいのです。

だから2回に1回は加齢集対策用の石鹸で臭いの元となる脂を洗い流してください。加齢臭を抑える柿タンニンと抗酸化作用と保湿効果のあるルイボスという落葉植物を配合し、皮脂や汚れや細菌の増殖を抑える効果があります。

これで、冬の体臭問題はクリアできます。臭いが原因で周りから人が離れていくのは辛いです。影でコソコソと言われているかもしれませんよ

臭いの元となる脂を洗い流してくれる石鹸についてはこちらの記事はよく読まれています。

40代の加齢臭対策!特に冬こそしっかりとケアが必要

加齢臭は汗臭さや30代に発するミドル脂臭とは違う臭いなんです。しかし、ミドル脂臭と同じように臭いを発する元となる脂分を、洗い流して清潔にすることが重要です。

加齢臭対策と言っても大袈裟なことをする必要はありません。如何にして臭いの元となる皮脂を取り除くことが出来ればいいんです。

皮脂分泌の多い箇所を重点的に清潔にしておけばいいんです。

皮脂分泌の多い箇所は、首周り・耳の後ろ・胸・わき・股間・背中を洗い忘れないようにすればいいんです。

ただし、洗いすぎてはダメなんです。皮脂を洗い流してしまうと、無くなった皮脂を補給するため、いつも以上に分泌して臭いが強くなってしまう恐れがあります。