加齢臭

加齢臭の仕組みを理解しましょう

40歳を越えたころから気になる加齢臭は石鹸やボディーソープで洗い流してすっきりしましょう。

市販されている石鹸・ボディーソープ選びのコツとおすすめの石鹸・ボディーソープを紹介します。

また、加齢臭の仕組みと対処方法もお伝えします。

加齢臭は男女に関係なく発生

加齢臭というと”中年のおじさんから発せられる独特な嫌な臭い”とうイメージが浸透していますが、男性だけではなく女性にも加齢臭はあるんです。

男性にも女性にも加齢臭はあるんですが、男性は40歳を超えたことから、女性は50歳を越えたころから徐々に加齢臭が発生。

男性は40歳を越えてきたあたりで分泌された皮脂の酸化が激しくなりこれが臭いの元を生成してしまいます。

女性は女性ホルモンの分泌量が減りだす閉経前後から皮脂の分泌が多くなるため男性よりも遅く加齢臭がやってきます。

加齢臭が起こる要因は抗酸化力の低下

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質です。

「ノネナール」という物質は、皮脂の酸化により生成されます。

皮脂腺から、肌のうるおいを守るために「脂肪酸」が出されています。20代から30代前半までは、酸化をさせないように抗酸化力が強く、ホルモンの働きも活発でほとんど酸化はしません。

ところが、抗酸化力が弱まってくる40代を境に、加齢臭がひどくなります。年とともに脂肪酸の分泌量がアップします。

この脂肪酸の中でも「9-ヘキサデセン酸」という物質も多くなります。抗酸化力の衰えとともにホルモンの分泌量は減少し脂肪酸は酸化しやすくなります。

酸化した「9-ヘキサデセン酸」が「ノネナール」と言われる加齢臭のあのニオイなんです。年を取ると臭いの原因の元が増えるだけじゃなく、酸化しやすくなるため臭いやすくなるんです。

加齢臭対策用の石鹸・ボディーソープ選びのコツ!

加齢臭の原因が分かったところで、加齢臭に効果的な石鹸やボディーソープはどんなものを使えばいいのか?

加齢臭をやっつけるための石鹸やボディソープの選び方のコツを紹介します。

加齢臭に効き目のある成分を配合しているか

普通の一般的な石鹸は、汚れは落としてくれますが、加齢臭に対して効果が薄いと言えます。なぜなら、一般的な石鹸でも加齢臭の元や加齢臭の元となる皮脂を洗い流せていないから、加齢臭が改善されないんです。

加齢臭い原因に対して直接作用していないと言えます。

加齢臭に効果的な石鹸やボディーソープは、脂肪酸の9-ヘキサデセン酸や脂肪酸を酸化させる活性酸素やノネナールを洗い流してくれる成分を配合した石鹸やボディソープを選びましょう

加齢臭に効果があると言われているのが「柿渋」や「カテキン」です。もちろんこれ以外にも効果があるものも多数ありますが有名なのはこの2つではないでしょうか。

肌にやさしく刺激がすくない

加齢臭の元となる皮脂やノネナールを洗い流したとしても、肌に刺激が強すぎて負担になるような石鹸やボディソープでは意味がありません。

石鹸やボディーソープを選ぶときは肌に優しい成分か確認が必要です。

まず、合成香料、合成着色料、そしてアルコールなど肌に刺激になりそうなものは極力避けましょう。

石鹸やボディーソープを選ぶときは、成分配合をしっかりとチェックしましょう。

費用対効果を考えて なるべく安いほうがいい?

加齢臭の原因となる皮脂などを洗いがなすには、一般的な石鹸では効果が薄いとお話ししました。加齢臭対策には、加齢臭対策用の石鹸やボディソープがいいのですが、毎日使うものなので、できるだけ価格は抑えたいい所です。

基本的に毎日使わなければ効果は持続しませんので、あまり高価な石鹸だと続けられないなんてことになると大変です。とは言え、安すぎても効果が実感できなければ意味はありません。

あなたにとって、効果があり続けられる価格帯の石鹸やボディーソープを選びましょう。

加齢臭・体臭対策 お勧めの石鹸やボディーソープ

颯香力(そうこうりょく) 薬用デオドラントソープ

加齢臭

ユンケルでおなじみの佐藤製薬社の健康食品通販会社B&Hサトウがお届けする薬用石鹸!アナタのニオイのお悩みを元からスッキリ!キャンペーン実施中!

デオドラントソープ(男女兼用)

容量・本体価格 100g・1,800円

加齢臭・体臭対策『デオラ』

加齢臭

【楽天No.1獲得ボディーソープ!】消臭5大成分高配合

加齢臭専用ボディーソープ

容量・本体価格 480ml・3,980円1日1回の使用で約2ヶ月半くらい使えますよ。